小さな学校の大きな挑戦

たまひじりのA知探Q 学びの玉手箱!
たまひじりのA知探Q 学びの玉手箱!
聖ヶ丘ニュース
A知探Q

A知探Qの夏「手作り和紙で手紙を書こう」

この講座では、紙について、と、手紙を書くということについて、それぞれ学ぶことから始めました。

コロナ禍でなかなか会えない人たちに、思いを伝える手作りのはがきにどんなことを書くのか。

また、紙は安易に捨てるべきものではなく、森林伐採の問題や貧困問題との関連があることなどを学びました。

いよいよ紙の元をつくります。牛乳パックを持ち寄って、3日間水に浸しておいたものからフィルムをはがします。

それを細かくちぎって、ペットボトルに入れて振り、液状にします。

細かくしきれないところは、ミキサーを使いました。

大きめの容器に入れて、紙の液をつくり、これも手作りしたはがき大の枠ですきます。

うまくできない後輩を先輩がサポートして、みんなでそれぞれのはがきをつくりました。

翌日にははがき作り応用編。

色をつけたり、模様を入れたり、アロマをつけたり。

それぞれが思い思いに工夫したものをつくりました。

最後に自分の1枚をみんなの前で紹介して、4日間の講座を終えました。